どまだんスタイルの家 他の工法や暖房との違い
 
  特殊部材を一切使用せず「問題」に向き合う
どまだんシステムは、もともと在来軸組構法の建築物が抱え込んでいる壁の中や床下の結露によって、新築時には乾燥して丈夫であった主要構造材である「土台や柱の根元」が、経年変化によって腐朽してしまう問題を解決することから開発がはじめられた。

現在それは一定以上の高い成果を上げた。 これを「輻射冷暖房」へと改善発展させたのが現在の「どまだんスタイルの家」
建築構法は、外断熱の2重通気工法に類するが、これは、高い施工技術でていねいに納めないと、性能がでない方法である。

更に、基礎部分の断熱はシロアリの触害を受けないよう、化学物質を使わない/ケミカルフリーな工夫を重ねている。シロアリが移動しにくい「砂」や自然素材のホウ酸、ひばオイルと「ベタ基礎」を組合せた安全他な対策を採用。国内の他社工法との大きな差異は、特種部材を一切使用していない点にある。

「外断熱/外貼断熱」や「気密断熱の高度化」はあくまでも手段で、「暖房」さえ手段として用いる。その「目的」は木構造躯体の耐久性向上。すでに木造ばかりでなく、鉄骨や鉄筋コンクリート造、混構造、そして築年数30年前後の老朽住宅を完全どまだんスタイルへと蘇生する実績もある。

壁、床下に集まる湿気に因るカビや腐朽から逃れられない日本の住宅、とりわけ、木造住宅の抱える問題に正面から向き合うシステムである。(問題、問題解決メソッド参照)
  得られる温熱環境の特徴、、、、、自由に広がる空間性を担保する
得られる現象は、室温よりも必ず、床下、壁、天井の内部が2℃以上高くなる。(表面温度比較表参照) これにより湿気(水蒸気)を空気量の多い室内に追い出し、躯体の隠ぺいされる部分は乾燥、無結露状態が維持され、暮らすごとに木材の乾燥が促進される。

なお、空間の表面温度が全室(収納内や玄関、風呂、便所も)均一に近くなることで「低温度」でも寒いと感じにくい住宅の温熱環境は健康面からも評価される。
すなわち、木材と人間の健康性を同時向上させるというエココンセプト。また、均一な表面温度は立体的にも平面的にも自由に広がる空間を暖かに、しかも対流風なく支え、オープンプランニングと相性が良い。
  低ランニングコスト
オール電化住宅と電化どまだんスタイルは組合せの相性がよく、電気代以外のエネルギー費用は生じない。
深夜電力の活用もあり、かつ、どまだんシステムで採用する温水ボイラーによって、どまだんが運転されない夏場でも電気割引料金が適用されるため、低い運転コストとなる。住まい方で電気代は一概に記せないが、一例をデーターシートとしているので参照されたい。

この例は夏は電気代をかけないで除湿をはかる深夜電力温水タイプのどまだんスタイル。どまだんだけにかかった電気代は「年間で6200円」、従って月平均だと516円、一日計算は17円となる。

35坪の木造住宅このタイプ以外に夏場積極的に涼しさを創出し、エアコンの使用量を削減する深夜電力ヒートポンプ型のどまだんスタイルやガス温水器を利用したスタイルもある。
  安全性、自然エネルギーの活用
燃焼系が皆無であることは、一般的な電化住宅と共通で安全性は高く、またCO2排出の面からも環境負荷は低く低炭素社会を目指したシステムである。実際に「蓄熱コンクリート」に流す温水は40℃以下で、しかも埋設部のコンクリート表面温度も人間の体温より数度高い程度。
他の輻射暖房、例えば深夜電力固体蓄熱暖房機(表面温度は100℃に近い)やパネルヒーター(温水は70℃前後)の温度に比べ相当なレベルの低温度で実現する。
また、ランニングコストとも連動するが、太陽電池/ソーラーパネルによるグリーンエネルギーとあわせれば、冷暖房にかかる電気料金はそうさいされ、ゼロ円住宅も可能となる。
  丁寧な仕事を取り戻す
システムを稼動させ更にランニングコストを下げるには、構造躯体と※断熱、気密施工の精度が自明な前提である。従って、このシステムを適用させることは、すなわちしっかりとした「施工」の住宅増加が副次的に生まれることとなる。
※どまだんシステムは、暖かい空気は軽くなり上昇する原理、湿気は温度の低い方へ逃げる原理を利用したパッシブな在り方を目指している。断熱、気密施工はあくまでも躯体内部の断熱層の気密断熱を高度化する。開口部の可動部には厳密な気密は求めていない。開放性を生む引き戸、しかも木製をむしろを奨励している。このあたりは高気密、高断熱論者への批判性を孕んだシステムといえる。
 
Copyright 2012 Jun-Arch Inc. All Rights Reserved