長谷川建築デザインオフィス株式会社

  • お気軽にお問合せください 03-3523-6063
  • メールアイコンお問合せ

ユニークプロジェクト

好きなコト、心地いいもの、楽しいコトに素直に創る、私たちはそれを感性価値住宅とよんでいます。

感性価値住宅 01|自らの創作品につつまれて暮らす至福

 

正方形2個分480×240

設計:長谷川順持建築デザインオフィス/長谷川順持               

施工:株式会社 TH-1

正方形2個分480×240

南側・舗道から見る、既存の長い長いブロック塀、否定せずに取込む

正方形2個分480×240

南夕景とテラス近景

正方形2個分480×240

テラスからの見おろしと、玄関ポーチまわり

正方形2個分480×240

入口付近の様子

正方形2個分480×240

昔からずっと在ったブロック塀、、それが新しい家の壁につながって、、、

正方形2個分480×240

テラスから前庭を見おろす

正方形2個分480×240

右上の作品は裏に流れる川の土・土地のアート

人が居ても、ひとが居なくても、似合う空間を

正方形2個分480×240

公園や広場で本を読むような、そんな感覚

正方形2個分480×240

庭はインテリアの一部のように

正方形2個分480×240

いろんなとこに佇める・いろんな居場所

正方形2個分480×240

ゲート状のデザインモチーフと生活の重なりが楽しい

正方形2個分480×240

大型の連作を受入れる空間づくり

正方形2個分480×240

作品とともに生活がある

正方形2個分480×240

高い空間・広がる空間・いろいろな開口部

正方形2個分480×240

生活風景

ゲート状のモティーフが繰り返し場所を生み出している

正方形2個分480×240

正方形2個分480×240

正方形2個分480×240

既存の塀を取込んでします

敷地にポンと住まいを置くのではなく 据える位置、平垣との関係から、街との関わり、街への姿にメッセージを

正方形2個分480×240

アプローチを長く、味わい深く

あたかも茶室へ向かう露地のように、歩く向き、歩く巾をしぼり 一気に庭へと開く、玄関までの生活風景づくり

一覧へ戻る