長谷川建築デザインオフィス株式会社

  • お気軽にお問合せください 03-3523-6063
  • メールアイコンお問合せ

現場 Now!!

Bright Void・Skip・House 上昇するスキップ空間・屋外シアターの家

この住まいが生まれるまで・現場の様子

祝竣工!!外観

 

木の表情が温かい外観!!ひろ間に面する木製サッシは全て開け放つことができます。 深い庇がまわっているため、夏は日陰で風を感じ、冬はひなたぼっこをしながら、 ゆったりと過ごすことができます。

祝竣工!!光がふりそそぐ吹抜

 

大きなトップライトから降り注ぐ柔らかい光。 吹抜けを取り囲むように配置された階段は壁に隠さず小口を見せることでリズム感のある表情をつくっている。 生活そのものがアートだということを気づかせてくれる家です。

祝竣工!!空に向かう階段!!

 

階段は北の空を見ながら上がり、スキップフロアになっている場所には 蔵の間があり、本を読んだり、空を眺めたり、、、。 階段も作り方でこんなにくつろげる場所になります。

祝竣工!!ナイトシアター!!

 

カーポート兼目隠し壁は夜になると巨大なスクリーンに!! リビング前の大きな木製サッシは全部壁の中に納めることができ、 ベンチに座ったり、ソファーに座ったり、ラグに寝転んだり、、、 いろんな体勢で映画やライブ映像を見ることができます。

敷地

計画地は南が道路に接道し、3方は住宅に囲まれた敷地です。これまでは駐車場として利用していたため、ほとんど更地の状態から工事は始まりました。

  

地鎮祭

天候に恵まれ、青空が広がる中、建て主のご家族一同が集まりこれからの一家の繁栄と工事の安全を祈願しました。

土工事

 

建物の位置を確認すると、いよいよ土を堀り基礎の形にしていきます。

基礎工事(配筋検査)

 

割石事業が終わると、基礎の鉄筋がきれいに配筋されました。ここで鉄筋の径、配筋ピッチ、継手長さ、かぶり厚さ等が適正かどうか細かくチェックします。

基礎工事(コンクリート打設)

 

基礎のコンクリート打設は耐圧盤の部分と立上りの部分と2回に分けて行うことが多いです。この現場も2回に分け左の画像は立ち上り部分を打つ時の型枠の画像です。打ち継ぎするところには止水板を設け水の対策もします。お手本になるようなきれいな基礎です。

上棟式

 

近頃この地域は、職人さんにご祝儀を渡して終わる簡素なものが多くなっているそうです。しかし建て主さまの希望で簡単につまめるものと飲み物をご用意していただき職人さんたちを労う会を行いました。家は完成した後も、メンテナンスで職人さんたちと長くおつきあいをしていきます。だからこそ上棟式は簡素に済ませるのでは無く、お互いを知る上でもとても大事な会です。

。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。(To be continued)

Bright Void・Skip・House 上昇するスキップ空間・屋外シアターの家

この住まいが生まれるまで・創作プロセス

スキップフロアと吹抜け

この住まいは、コンパクトなボリュームに豊かな立体空間が計画されています。 トップライトのある明るい吹抜け、そして、天井の高い場所、中二階は階数にカウントされない天井の低い場所があるのです。 おもに1階は家族や友人たちと過ごす場所が広がっています。上昇するにつれ、徐々にプライバシー性の高い場所へと結ばれます。 それらが吹抜けを取り囲むように、明るい吹抜けの周りを回遊するように配置されています。

 

建築と家具が連続するアートな空間

スキップフロアから吹抜けを眺めると、ある厚みを持った板が階段の手摺壁から始まり寝室の収納から収納へと連続していき、 アーティスティックな空間を演出しています。

デザインをお客様と詰めて行く際、このように特徴を際立てて表現し、空間の「へそ」となるところを理解しあいます。 左の画像のオレンジの色で塗られたところがそれで、オレンジに色を塗る、という意味ではなく、吹き抜けに面して特徴的な造形と素材が 展開して行くことを伝えています。「構成」を理解し合うということでしょうか。そしてこの特徴ある場所にいかなる素材をあたえるかは 実際には工事に入ってから、様々なリアルな素材の現物を用いて、現場の光の状態に照らして、比較検討します。こうした、協働作業が 自由設計の醍醐味ですね。

 

ユニークに着想!住む方の趣味を空間的アイデアに

南側道路の敷地は人気ですが、通りから丸見えで、なかなか上手に使えません。この敷地の周囲のお宅も、昼間からカーテンを引きっぱなし のお住まいが横並びに連なる町。どうにかしたいですね、、、

そんなことを語りながら、「そうだ、車をカバーする屋根に腰壁を着けて、 それによって庭を落ち着けてみましょうか!」と私たちの提案。「それはいいですね、とお客様」。

 

住まい手の楽しみを具現化

更に、ユニークな着想を重ねました。 それは、一見変哲も無いカーポートに見えますが、実はリビング側からは映画やライブDVDを見るための スクリーンにつかってはどうか、というもの。

 

住まい手の楽しみを具現化

最大に楽しみにしているようです、 この仕掛け!部屋の中は明るくても、 夕方からなら外は暗い。真っ暗に部屋をしなくても、映像はくっきり見えそうですし、音は外にもれません。 映画、ライブの趣味をお聞きしていましたから、大胆に提案してみました。最大に楽しみにしているようです、この仕掛け!

   
     

一覧へ戻る